【マンガを描く技術を学ぼう】専門学校を選ぶポイントを知ろう

卒業後の進路もチェック

漫画

マンガコースを設ける専門学校は近年増えてきています。選ぶときは卒業後の進路と在校生の雰囲気を確認しておくとよいでしょう。卒業後の進路をみることでマンガ家以外の進路や実際に就いた仕事などがわかります。在校生の雰囲気はモチベーションの維持に関わってきます。

詳しく見る

オススメ記事

MENU

進路選びの基本とは

ペンタブレット

美術部などで活躍してきた高校生に人気があるのは、アニメやマンガに関する学科が充実しており、指導もきめ細かい専門学校です。パソコンを使ったイラスト作成やシナリオについても学べることや、マンツーマン指導を通じて技術も高められる点が、注目されている理由です。

詳しく見る

将来デビューを目指して

勉強道具

将来マンガ家としてデビューしたいと考えている人は少なくないでしょう。そのためには専門学校に通うという方法があります。専門学校であれば知識や技術を学べるだけではなく、デビューするまでサポートを受けることも出来ます。入学するためには入りたい専門学校を探し、大学と同じように試験を受ける必要があります。

詳しく見る

専門的な知識を学べる

イラストを描く人

マンガの専門学校に通うことで、読者を引き込むために必要な画力や構成力、企画力等を学ぶことができます。実際の漫画家の方の指導を受ける機会も多いため、非常にためになることでしょう。しかし、専門学校に頼り切るのではなく、最終的には自分の努力が不可欠だということを忘れてはなりません。

詳しく見る

プロを目指すなら

漫画

マンガ家を目指すなら、専門学校に通ってみましょう。実際に通っている方々の評判を紹介すると業界とのパイプ作りやしっかりと技術が学べるということで好評になっています。学費の方は専門学校ごとに違いがありますが、相場よりもリーズナブルな学費で通えたり、奨学金制度が利用できることもあるので探してみましょう。

詳しく見る

自分の環境にあわせて選ぶ

勉強

全日制それとも夜間制

マンガ専門学校は通学制と通信制、全日コースと夜間コースなど各専門学校毎にさまざまな受講形態が用意されています。一つのマンガ専門学校でも、全日制のコースと夜間コースのどちらかを選べるようになっている学校もあるので、まず初めにどのような受講形態にするかを決定する必要があります。大学への進学と迷っているような場合、大学かマンガ専門学校の二者択一ではなく、昼間は大学に通いながら、大学の授業が終わってからマンガ専門学校の授業を受けることも検討してみる価値があるでしょう。また、地方在住者の場合、マンガ専門学校が距離的に離れているため、自宅から通学するのが困難なことも珍しくありません。そんなときは、通信制のコースがあるマンガ専門学校を選ぶなど、自身の環境にあわせた学校選びが大切です。また、卒業までの期間も学校選びでは重要になります。一般的に、マンガ専門学校の全日制コースでは2年間または3年間で学校を卒業します。2年制と3年制とでは、卒業するまでに支払う授業料の合計金額に大きな差がつきます。マンガ専門学校の全日制コースでは、1年間の授業料が100万円前後なので、単純計算でも3年制の学校は2年制の学校よりも100万円多い学費が必要です。学費だけではなく、この間の生活費のことも考慮に入れておく必要があります。学費を負担する保護者とよく話し合ってから、2年制にするのかそれとも3年制にするのかを決めるとよいっでしょう。

Copyright© 2017 【マンガを描く技術を学ぼう】専門学校を選ぶポイントを知ろう All Rights Reserved.