【マンガを描く技術を学ぼう】専門学校を選ぶポイントを知ろう

MENU

卒業後の進路もチェック

漫画

選ぶときの基準

マンガ家になるには、雑誌に投稿するという方法がメジャーです。マンガがおもしろければそれ以外になんの資格も必要なく、時には画力がなくても原作者となることで作品づくりに関わっていくこともできます。マンガを上達させるには、画力と発想力の二つの力が必要です。それらを上達させるにはひたすら修行あるのみというシンプルなルートがあるのですが、専門学校に行くという方法もあります。マンガコースがある専門学校は全国的にもあまり多くありませんが、世界的なマンガブームから少しずつ専門学校の数は増えてきています。専門学校では、イラストの描き方やキャラクターの作り方、ストーリーの作り方などを総合的に学んでいきます。講師は現役のプロがつとめることも多く、実際のプロから話を聞けるだけでも参考になることが多いでしょう。専門学校を選ぶときは、卒業後の進路、在校生の雰囲気をチェックするのがおすすめです。卒業後の進路を見れば、そこに入ることでどのような仕事に就くことが可能なのか、マンガ家にならなかったとしてもどのような進路がありうるのかがわかり、参考になります。できれば具体的な人数が記載されている専門学校の方がよいでしょう。入学者と差し引きすれば実際どれくらいの数が働いているのかよくわかります。在校生の雰囲気も要チェックです。真剣に学ぼうとしている人が多いのか、遊び半分なのかは在校生の雰囲気をみることである程度把握できます。モチベーションの維持にも関わるので、事前に一度確認しておくとよいでしょう。

Copyright© 2017 【マンガを描く技術を学ぼう】専門学校を選ぶポイントを知ろう All Rights Reserved.